タロット占いのシステム開発

タロット占いのシステム開発西洋占星術での占いでは、様々な事柄を読むことが出来ます。
生まれ持った基本的な運勢、運気の良い時期や悪い時期、恋愛運、結婚運、仕事運など。


将来の展望や人との相性など、人によって占いたいと望むことはそれぞれですが、西洋占星術ではそれらに対応することが可能でしょう。

人が占いを望む時は、何か悩みを抱えている時かもしれませんが、思いつめる前に西洋占星術で現状を占ってみてはいかがでしょうか。



運気の悪い時期は存在しますが、気の持ちようで乗り越えられるものでもあります。

占いの結果によって運気の悪い時期を知ったら、気落ちするのではなく、捉え方を変えて対処してみて下さい。タロット占いの差に驚くかもしれません。


自分に合ったタロット占いに出会えて満足です。例えば、西洋占星術で作るホロスコープにある、太陽や月、水星、金星、火星の上に、運行中の土星が0度、90度、180度の角度を持った時には、運勢として良くないと占えます。
土星は試練やプレッシャーを示すという読み方が出来るので、それが占い対象者が持つ星に90度、180度といった良くない度数で角度が生じた時、不運であると読めるのです。

0度に関しては、その時々に応じて良かったり悪かったりする度数です。



生まれ持った星が土星と0度で角度を持つ時には、良い角度であると判断しにくいものです。角度についてですが、だいたい6度内までがその角度であると判断されます。



人によって感じ方が異なるので、影響が及ぶのは3度内である場合があったり、8度内になる場合もありますが。
占いの利用方法をご存知ですか。

今話題の占いサービスです。

例えば、占い対象者が持つ月が天秤座の12度であり、運行中の土星がやはり天秤座であった場合、月と土星が0度で角度を持つといえるのは、土星が天秤座の6度から18度の間にある時です。
土星が天秤座の6度から12度にあった時には非常にプレッシャーを感じたけれど、13度を過ぎたら感じなくなったというような場合もあるでしょう。

土星が0度にあるから、常に重圧を感じるわけではありません。また、土星がかかっている時期は、人生の勉強の時であると捉えれば、苦しさを感じないで済むでしょう。